スキップしてメイン コンテンツに移動

オンクラウドベンチャーで木曽路を歩いてきた ③

平らな道って有り難い!

初日に木曽福島から野尻宿まで36キロを歩き
読書ダム脇の宿に着いた時、向こうずねがパンパンに
張っていました。(これが前脛骨筋の遠心性収縮を繰り返した筋肉痛か‼︎)
行程は特に急な登り坂はなく何故かなと考えたところ中山道の木曽路は
鳥居峠(1212m)を頂点にに京都に向かって下っているのでした。


アプリによると1日で757m下っていて長い距離をジワジワ下がると
効いてしまうのかもしれません。

当然太腿も張っておりそんな体で馬込峠を越えた後の馬籠宿の下りは
本当に歩くのもキツかったです。
馬籠宿 車坂の桝形


日頃の運動不足の上に急に歩いたので
体が階段や段差を拒否していました。

これは高齢者のお客様の行動思考と一緒で
一度その場所に悪い印象を持つと
2回目が無く、逆に2度目3度目があると
土地勘も増え更にリピーターとなる。

手前味噌ですが
当店のある巣鴨はJR巣鴨駅や都営三田線巣鴨駅より
エレベーター、エスカレーターを使い一度地上に出れば
全てフラットな行程で歩けます。

歩道と車道ともフルフラット


平らな道ってそれだけでありがたい
巣鴨地蔵通りも本当に平らなだと
身をもって体験させて頂きました。










このブログの人気の投稿

最高のクッション性 「On (オン) クラウドフライヤー」

今 最も注目のランニングシューズメーカー、 スイスの「On(オン) 」のコレクションの中で一番クッション性と安定性の高いシューズがこの「クラウドフライヤー」。 普通、クッション性を重視するとシューズが重くなってしまいがちですが、 このクラウドフライヤーはメンズ26.5㎝で280g レディース24㎝でなんと220gと軽量。 メーカーニックネームは「ライトウエイト スタビリティ 。ライトウエイトクッショニング。」    オンのシューズらしいデザインも秀逸で 右足にはさりげなくスイスの国旗が。    左足カカトに「O」右足カカトに「N」のマークがリフレクターとなり    夜間に光り安全なランをサポート。
 On クラウドフライヤー ¥16,800+tax

On Cloud Waterproof

2019SS NEW
オンの代表作 クラウドに防水シューズが誕生

Cloud Waterproof(ウォータープルーフ)でもう外出しない言い訳はなし。出かけたくなる要素が詰め込まれています。たとえば、簡単な着脱を助けるヒールループによって、素早く履いて出かけることができます。ますます「いつでも、On」。

Cloudが誇るスピードレーシングシステムならば、もう濡れたシューレースを結ぶ必要はありません。スピードに乗っている時でさえ安心感を保つスリップオン・フィット。伝統派がいい?どうぞご心配なく、従来型のシューレースも付属しています。

光沢のある黒を採用したデザインは、夜の訪れとともに輝きます。つま先と踵の反射性のあるセーフティディテールとCloudの反射材が、パフォーマンスの被視認性を高めている。これは人目に留まるシューズです。
色も「ブラック/ルナ」とシャイニーな黒でどんなコーディネート にも合います。 ランニングから普段履きのスニーカーとしても「いつでもOn」 このクラウド ウォータープルーフを是非お試しください。


暗闇でも輝く  光沢のある黒を採用したデザインは、夜の訪れとともに輝きます。つま先と踵の反射性のあるセーフティディテールとCloudの反射材が、パフォーマンスの被視認性を高めている。これは人目に留まるシューズです。

スイスのプレミアムランニングシューズ Onクラウドフライヤーに防水機能がついて新登場

ソフトな履き心地で当店でも人気のオン クラウドフライヤー 
On Cloudflyer Waterproofに 防水機能のついたシリーズが新登場

履き心地はそのままに、アッパー生地に防水機能をつけた新作です。
カラーは ブラック/ルナという黒ベースで前足部分は格子柄でリフレクターなります。

紐にもリフレクターを折込、もちろんOnマークもリフレクターです。

最近は天気の急変が多く靴選びにお困りの方もこの1足をお確かめ下さい。

On Cloudflyer Waterproof \18,800.+TAX