スキップしてメイン コンテンツに移動

オンクラウドベンチャーで木曽路を歩いてきた①


中山道の木曽路をオンクラウドベンチャーで歩いてきました。

今回は木曽福島~馬篭までの木曽路11宿のうち6宿の間を
2日かけての行程です。

クラウドベンチャーは
元々は軽量トレイルランニングシュースですが、
行程の大半を占めるコンクリートの道はもちろん
峠を越える石畳や木の板
草の道等様々な路面に対応できたと思います。

まず、有名な上松の寝覚の床では


じつはこの写真の木曽川に広がる奇石が有名ですが
この絵の川まで行くのには


国道沿いの駐車場や寺から階段とスロープを降りて行かなければならず

途中から

このような石の上を歩いて





やっと石の上に立てます。

お足が弱い方やサンダルで来た方は展望台で見るようでした。

普通のスニーカーでも行けますがベンチャーのように
グリップ性がありカウンターがしっかりしている靴のほうが
捻挫するリスクが少ないです。



ハイカット登山靴までは必要ないが
足を守りたい時、長く歩きたい時
この靴は頼りになります。










このブログの人気の投稿

最高のクッション性 「On (オン) クラウドフライヤー」

今 最も注目のランニングシューズメーカー、 スイスの「On(オン) 」のコレクションの中で一番クッション性と安定性の高いシューズがこの「クラウドフライヤー」。 普通、クッション性を重視するとシューズが重くなってしまいがちですが、 このクラウドフライヤーはメンズ26.5㎝で280g レディース24㎝でなんと220gと軽量。 メーカーニックネームは「ライトウエイト スタビリティ 。ライトウエイトクッショニング。」    オンのシューズらしいデザインも秀逸で 右足にはさりげなくスイスの国旗が。    左足カカトに「O」右足カカトに「N」のマークがリフレクターとなり    夜間に光り安全なランをサポート。
 On クラウドフライヤー ¥16,800+tax

On Cloud Waterproof

2019SS NEW
オンの代表作 クラウドに防水シューズが誕生

Cloud Waterproof(ウォータープルーフ)でもう外出しない言い訳はなし。出かけたくなる要素が詰め込まれています。たとえば、簡単な着脱を助けるヒールループによって、素早く履いて出かけることができます。ますます「いつでも、On」。

Cloudが誇るスピードレーシングシステムならば、もう濡れたシューレースを結ぶ必要はありません。スピードに乗っている時でさえ安心感を保つスリップオン・フィット。伝統派がいい?どうぞご心配なく、従来型のシューレースも付属しています。

光沢のある黒を採用したデザインは、夜の訪れとともに輝きます。つま先と踵の反射性のあるセーフティディテールとCloudの反射材が、パフォーマンスの被視認性を高めている。これは人目に留まるシューズです。
色も「ブラック/ルナ」とシャイニーな黒でどんなコーディネート にも合います。 ランニングから普段履きのスニーカーとしても「いつでもOn」 このクラウド ウォータープルーフを是非お試しください。


暗闇でも輝く  光沢のある黒を採用したデザインは、夜の訪れとともに輝きます。つま先と踵の反射性のあるセーフティディテールとCloudの反射材が、パフォーマンスの被視認性を高めている。これは人目に留まるシューズです。

スイスのプレミアムランニングシューズ Onクラウドフライヤーに防水機能がついて新登場

ソフトな履き心地で当店でも人気のオン クラウドフライヤー 
On Cloudflyer Waterproofに 防水機能のついたシリーズが新登場

履き心地はそのままに、アッパー生地に防水機能をつけた新作です。
カラーは ブラック/ルナという黒ベースで前足部分は格子柄でリフレクターなります。

紐にもリフレクターを折込、もちろんOnマークもリフレクターです。

最近は天気の急変が多く靴選びにお困りの方もこの1足をお確かめ下さい。

On Cloudflyer Waterproof \18,800.+TAX